© ShimooDesign 2007

WORKS > 立礼卓

立礼卓とは

立礼卓(立礼式)は明治5年(1872年)の博覧会に際して外国人を迎えるための創案であり、幕末から明治の変動の時代に合わせた茶道の近代化の先駆として評価されています。その立礼卓を現代の生活空間に違和感なく、インテリアとして飾って頂けるようにデザインしたのがshimooの立礼卓です。流儀や形式などの決まり事はない為、どなたでもお茶を愉しんで頂ける家具になっております。また、入れ子式のタイプは使用しない時はコンパクトに収納することができます。本格的に茶道をされている方はもちろんですが、気軽にお茶をはじめたい方、お友達やお客様をおもてなししたい方などにはおすすめの品です。

入れ子式立礼卓 商品一覧

入れ子式立礼卓7点セット
入れ子式立礼卓4点セット
もっと見る

※セット内容の詳細は、上記一覧より各ページにてご確認ください。

> Back